HOIKUSHI JOB JOURNAL

PEOPLE

保育な人にインタビュー

大変な仕事も子どもの笑顔と保護者の声で「帳消し」に

大通りを一本入った閑静な住宅街に位置するニチイキッズ美しが丘保育園。デザイナーズマンションと見間違うようなおしゃれな園舎を入ると、ウッド調の温かみと明るく彩られた装飾が印象的な、居心地の良い空間が広がります。同保育園の開設準備から携わり、現在は4歳児クラスの主担任を務める高橋先生にお話を伺いました。

幼稚園教諭から保育士へ―自分の理想とする「先生像」を目指して

ーこれまでのキャリアについて教えてください。
幼稚園に7年間勤めた後、一度離れて全く別の分野のお仕事を一年間経験しました。その後にニチイキッズ美しが丘保育園に転職して今年で4年目、保育のお仕事としては11年目になります。


ー以前は幼稚園教諭をされていたのですね。
 一度別のお仕事に転職されたのは何か理由があったのですか?

当時勤めていた幼稚園が、園児数も施設の規模もとても大きな幼稚園で。7年間やってきた中で、段々と自分のやりたいことと幼稚園の方針がそぐわないと感じるようになったんです。毎日振り返る中で、子どもたち一人ひとりとの関わりが薄いように思えて悩んでしまって。「あれ?今日、私のクラスの園児全員と話せたかな?」とか、反省点ばかりが見えてしまう日々が続きました。

色々と工夫はしてみても、中々上手くいかないことも多くて、自分がやれることはもう限られているのかな、と感じてしまったんです。そんな中で、自分ができると感じていることよりも、園から求められることの方が多いと思えてしまって、「一度休もう」と。保育園や幼稚園って、職場として考えるとすごく小さな社会だと思うんです。それで、より広い世界を見てみたいという好奇心もあって、全く違う仕事に転職しました。


ーその後、保育の世界に戻ったきっかけは?
一年間、色んな方々と知り合ったり、色んなお仕事をさせていただく中で、「やっぱり自分は保育の仕事が好きだな」と実感しました。それで、前の職場の幼稚園では年長の子どもたちを受け持つことが多かったので、もう少し年齢の低い児童と関わってみたいという思いもあり、就職先は保育園を探しました。


ー保育のお仕事は小さな頃からの夢だったのですか?
はい。私自身が幼稚園児の時の担任の先生が、いつも明るくて元気で、とても素敵な先生でした。幼いながらに憧れていたんです。学生時代に進路を考えたときにも、ずっと子どもたちと触れあえる仕事をして、あんな先生になりたいなと。実は、小学校の先生になることを考えたりもしたのですが、やはり幼い頃のその憧れが決め手となって幼稚園に進みました。

子どもの大事な時期を受け持つ責任の重さを感じ、不安になったことも

ー実際に幼稚園教諭を経験し、その後に保育園へと転職をされた訳ですが、
 職場として保育園を選ぶ上でとのような点を大事にされましたか?

まず第一に、新規で開設される保育園を探していました。あと、毎日通うことになるので、ある程度家から近いところがいいなと。遠すぎず、程よい近さで新規開園の保育園を探しました。
いくつか見つかったのですが、以前に介護ヘルパーの資格を取ろうとしたこともあって、ニチイのことを知っていたんです。結局その資格は取らなかったのですが(笑)。それで、介護も保育もやっているニチイなら私にも合いそうというか、縁を感じたのが大きかったですね。


ー貴園ニチイキッズ美しが丘保育園はニチイ学館が母体だからこそ、英語の保育時間もあると聞きました。
はい。グループ内の語学スクール「COCO塾」から、毎週火曜日に外国人インストラクターの方をお呼びして、英語での保育時間を設けています。


ー先ほどその様子を見学させていただきましたが、子どもたちも先生方も本当に楽しそうでした。
 実際に働いてみていかがですか?

勤めはじめた頃は新規開園の保育園の立ち上げということもあって、イチから、というよりもゼロからのスタートでした。一つひとつ、何もない状態から作り上げていく日々でしたので、最初はすごく大変ではありましたが、ただただ楽しくて。保育の仕事がやっぱり好きだな、という実感を得ながら働いていたのもありますが、職員同士で協力しながら進めていくプロセスが楽しかったですね。今年で4年目になりますが、少しずつ保育園としての基盤ができていくのが実感できるのが嬉しいです。


ー確かに、保育園の玄関を入った瞬間から明るい雰囲気に表れていると言いますか、感じ取れるものがありました。
純粋に「いい人」が集まったんだと感じます。(私と同じように)幼稚園での経験がある先生も多くて、話もスムーズだったり。あと、何かを決めようとしたときにも、園長が現場の声をしっかり聞いてくれるのも大きいですね。細かいことも色々相談しますが、嫌な顔をせず聞いてくれます(笑)。


ーこの仕事をしていて何か嬉しかったことは?
昨年度、私が担任してきた園児が卒園したのですが、そのときに保護者の方が「先生が担任してくれて良かったよ」と言ってくださったことです。年中から年長の二年間を持ち上がりで担任をやらせていただいた子だったので、余計にそう感じていただけたのだとも思いますが、本当に嬉しかったですね。
持ち上がりでの担任って、長ければ6年間、0歳から年長までその子の人生の大事なときに関わることになりますよね。色んな先生がいる中で、自分が4歳〜5歳という大事な期間を受け持つという責任の重さを感じて、不安に思うこともあったんです。
「自分でいいのかな」と。「もし他の先生だったら、もっとこの子たちを伸ばしてあげられたかもしれない」と考えることもあったり。でも、一生懸命やり通して、保護者の方から「先生でよかったです」「ありがとう」と言ってもらえたので、すごく励みになりました。


ーお話を伺っているだけで涙が出てきますね。何かそのために努力されたことや意識されたことなどはありますか?
「笑顔」と「元気」です。一番大事な、根本にあることだと思っています。

大変な仕事も子どもの笑顔と保護者の声で全て「帳消し」に

ー保育士として働く中で、どんなことにやりがいを感じますか?
子どもの成長を間近で見られることです。特に保育園は、幼稚園よりも保育時間が長いので、その分子どもたち一人ひとりとの関わりも密になると感じます。
幼稚園のときは10時から14時でしたので、今保育園で働いている感覚からするとすごく短く感じます。その分、幼稚園には幼稚園の良いところも沢山ありましたが、保護者の方とも毎日顔を合わせて、子どもたちとも毎日長い時間を一緒に過ごすので、より成長をそばで感じられる喜びがありますね。


ー逆に、何か辛かったことや大変だったことはありますか?
そういえば、仕事で「辛い」と感じることはあまりなくなりましたね。
新任の頃は保護者の方との間でうまくいかないことや、子どもとの関わりで悩んだりすることもありましたが、もうそれなりに経験年数も重ねてきて、大分落ち着いて周りが見えるようになったかなと思います。ただ、大変だと感じるのはやはり、行事前ですね。どこの保育園でも同じだと思いますが、準備物があったり、イレギュラーな仕事が発生するので。楽しみな分、頑張りすぎて体調を崩してしまわないようにすごく気をつかいます。
ただ、子どもたちが楽しそうにしている姿を見たり、行事が終わった直後に保護者の方から「良かったです」と声をかけてもらえると、全てが帳消しになります。「やってて良かったー!」って。


ー頑張ったときの達成感は格別ですよね。今後の目標や展望をお聞かせください。
自分自身がスポーツをやっていたので、何らかの資格を取るなどして、子どもたちにスポーツの楽しさを教えてあげられたりしたら魅力的だなと。
まだ具体的ではなく、あくまでも個人的な願望なのですが、そういった保育のバリエーションを増やすことやスキルアップに絶えず取り組んでいきたいです。


ー最後に、高橋先生から見て、ニチイキッズ美しが丘保育園を一言で表すと?
「個性を大切にする保育園」です。これは、子どもたちはもちろんのこと、職員にも言える風土だと思います。ニチイの保育目標である「すくすく育つ、わくわく遊ぶ、いきいき過ごす」をもとに、子どもたちの個性を伸ばしていく保育を実現するためには、保育士間でも風通しの良さが大切だと園長も常々言っています。実際に、先生同士が何でも言い合える職場だと感じますし、子どもたちがとにかく元気で明るいのは、そういった考え方が保育にもしっかりつながっているからなんだなぁと実感しています。



【編集後記】
夕方からのお迎えで次々と他のお友達が帰る中、延長保育で残る子には少し寂しい空気が流れそうな時、ゲームや紙芝居を始めて、「むしろ残っている方がラッキー」と思わせることを意識しているという高橋先生。お迎えが遅くなった保護者には笑顔で待っている姿を見せて、罪悪感を少しでも払拭するための気配りをしているという。
本部の方は、彼女のことを「保育力が高い」と評価する。「~しなさい」ではなく、子どもを主体に考えた声がけ。泣いている子に違う話題を振り、気を逸らさせる絶妙なタイミング。その保育力は学校で教わるものではなく、素晴らしい先生と触れ合える職場で、更に切磋琢磨されていくのだそう。そんな先生が笑顔で集うニチイキッズ美しが丘保育園は、子どもにも先生にも居心地の良い保育園だと感じた。(ライター 山田)


認可保育所 ニチイキッズ美しが丘保育園/神奈川県・横浜市青葉区
http://www.nichiikids.net/nursery/other/utsukushigaoka/index.html



【団体ホームページ】
株式会社ニチイ学館
http://www.nichiigakkan.co.jp/

ニチイの保育園「ニチイキッズ」
http://www.nichiikids.net/